FLSTS Owners Group

FLSTSを愛する人達により結成されたFOGのウェブサイト。ブログには管理人の日常を記録しています。

鹿島槍ヶ岳、制覇!! (初日編)

7月に常念岳でテント泊デビューを果たした僕とKさん。
山頂から見る絶景に期待を膨らませ、いざ挑んだものの天気に阻まれ・・・
その後、僕は北岳でソロテント泊デビューを果たし絶景を見る夢こそ叶ったものの何かが足らない。
それはあの素晴らしい景色を仲間と一緒に見れなかった事。
景色だけが山の楽しさじゃないのは十分承知してるつもりだけど、
やはりあの景色を仲間と共有できたらどんなに素晴らしい事か。
今回こそは絶対に!!
そう期待を胸に僕達は再びテント泊デビューの地、北アルプスへと舞い戻った。
目指すは鹿島槍ヶ岳!!



初日の歩行時間は7時間。2日目は9時間と過去最多。
男のロマンがたっぷり詰まった重たいバックパックを背負い、
まだ見ぬ地を目指して僕達はひたすら歩いて来ました!!
果たして今回、山頂から絶景を眺める事が出来たのか?!
その模様を3話に渡って綴っていきます。

今回は前回に増して更に長~い記事&写真テンコ盛りになってますが許して下さいね~(^_^)
それでは初日編の始まり始まり。



9月8日。
深夜1時に家を出発。
高速を使って車で走ること約2時間。
今回の登山口のある扇沢に到着です。
ここは黒部ダム&立山に向かう方の入り口でもあります。
それなんで深夜にも関わらず辺りは登山者で賑わってました。
午前3時に到着。少しだけ仮眠して出発に備えます。
がっ、興奮のあまり殆ど寝れず(;^_^
ようやく眠りにつこうとしたら、続々と他の方が歩き出しました。
周囲はまだ真っ暗なのに・・・
って事で隣で爆睡してるKさんを起こし、僕達も準備を始めます。

IMG_7985.jpg

まだ完全に目は覚めてないけど、眠い目を擦りながら何とか午前5時に出発!!

IMG_7986.jpg

今回僕達が歩いた柏原新道は短時間で尾根に出れるメリットがある反面、
高低差1120mを一気に登る急登。

IMG_7997.jpg

25kg近いバックパックを背負ってる事もあって、まぁ辛いったら何の(*^-^)
寝起きの体に応えますわ(笑)

尾根に出るまでの間はずっと里山のような道が続きます。
景色は殆ど望めないけど、

IMG_8022.jpg

時折こんな景色を見せてくれますよ!!

IMG_8001.jpg

「これはこれは尾根に出た時が楽しだね~」なんて言ってると再びガスの中へ。
こんな天気を繰り返すも雨が降りそうな気配はありません。
今の内に距離を稼がねば!!そう自分達に言い聞かせ、先へ先へと歩きます。


この柏原新道、ちょうど「疲れたなぁ~」って思うタイミングでケルンや道標、ベンチ等が現れます。
だけど、どこも道幅が本当に狭くゆっくり休憩出来なのが難点。
道も歩きやすく危険な場所こそ無いものの、休憩場所が無いのがね~(;^_^

IMG_8005.jpg

って事で、僕達は重たいバックパックは下ろさずに小休止。
一度下ろすと背負いたくなくなりますからね。
だけどいつもより疲れが少なく感じます。
何故だかって??

IMG_8008.jpg

ストックのお陰ですよストックのね(^_^)

天気予は曇り後雨。
午後から雨が降り出すとの事だったけど、まさかの青空!!
これはもしや外れ??そう思っちゃう位、時折青空が広がってました。
飛行機雲はずっと出てたけどね・・・

IMG_8006.jpg

数十分間隔で現れる道標。全部でいくつあったかなぁ??
この鉄砲坂が最後の急登です。

IMG_8027.jpg

ここを登り切ると、


ついに種池山荘が姿を現しました!!

IMG_8029.jpg

登山口から歩く事4時間。
最初の目的地に到着到着(^_^)

IMG_8035.jpg

ここで、しばし休憩です。
水分取って行動食で腹を満たします。
生ビールを飲みたいのはやまやまだけど、ここは我慢我慢。
タバコを吸って気を紛らわします。
ここ種池山荘からは、晴れていれば絶景が広がるんでしょが、この時はガスで視界悪過ぎ(泣)
風も強く、汗だくだった体が冷えて寒い位でした。

IMG_8032.jpg

日中は登山者で賑わう山小屋も、この時はまだ時間が早く僕達以外には殆ど人がいません。
ガスが取れる気配も無いので、20分程休憩して次なる目的地の爺ヶ岳へと向かいます!!

IMG_8030.jpg

種池山荘からは尾根道を歩く縦走路。
天気が良かったらなぁ~・・・
尾根に吹き付ける風に絶えながらひたすら前へと進みます。
お願いだから、雨だけは降らないでね(;^_^

IMG_8038.jpg

そんな不安な気持ちを抱えて歩いてた僕達ですが、
ここに来て天気が一気に良くなっていったんです!!

IMG_8043.jpg

そして、ガスが取れた途端に立山連峰が姿を現しました!!

IMG_8047.jpg

凄~い(^▽^)/

間近に見える立山連峰に、ただただ感激するばかり。
ガスの向こうにはこんな素晴らしい景色が広がってたんですね♪♪

そしたら今度は鹿島槍ヶ岳も姿を現しました!!

IMG_8056.jpg

デカッ!!

こんな景色を見た僕達はテンションMAX!!なんですが、
山頂へと続く縦走路が見えるだけに、その距離の遠さには本当に驚かされました。
まだまだ先が長いって事を思い知らされて、

遠いなぁ・・・(*^-^)

これが僕達の口癖のように、何回も何回も言ってたました。
写真はズームで撮ってる為大きく&近く見えるけど、実際は物凄~く遠いんです(泣)

まずは目の前に見える爺ヶ岳目指してボチボチ歩きましょう!!
再び足を前へ前へと進めます。

IMG_8052.jpg

そして、種池山荘から歩く事1時間ちょっとで、

爺ヶ岳 南峰制覇!!

IMG_8059.jpg

本日1座目の山頂です\(^▽^)/
まぁ、いつもの事だけど見事にガスの中ですわ・・・(泣)
山頂でのんびりしたい所だけど、今回はそんな余裕はありません。
ここは通過点に過ぎませんからね。雨が降る前にテントを張らねば!!
写真を撮って水分補給をしたら、再び歩き出します。

次に目指すは爺ヶ岳 中峰。
疲れも限界に達してるはずなのに、こんな尾根道を歩けるんで自然と足が動きます。
快適快適♪♪
これでガスが無かったら尚良いんだけど、まぁ雨が降ってないだけOKですかね。
明日また同じルートを歩くので、景色は明日に期待しましょう♪♪

IMG_8067.jpg

時折地図を広げて行動時間を確認します!!
これが先日紹介したパスファインダーチェストバッグですww
こんな感じに行動中も簡単に地図を広げたり行動食を食べたり出来るんで最高に具合良いです。
いつもなら地図を見る度にバックパックを下ろしてたんで、これは一度使うと手放せなくなりましたよ(^_^)
本当に良い買い物しましたわww

IMG_8069.jpg

ガスは出るものの依然雨は降らず。
予報では午後3時から雨なんで、何としてもそれまでにテントを張りたい僕達。
自然と歩くペースも早くなります。

IMG_8073.jpg

そして本日2座目、

IMG_8072.jpg


爺ヶ岳 中峰制覇!!

IMG_8074.jpg

ここももちろんガスの中ですよ(泣)
写真だけ撮ってすぐに出発です。
ちなみにこの爺ヶ岳は南峰、中峰、北峰と全部で3つのピークを持つ山。
山頂を経由しないルートもあるけど、せっかくなんで全部制覇して来ました!!
山頂ではガスで景色こそ望めなかったけど、
晴れてればきっと素晴らしい景色が広がってるに違いありません。
本当に素晴らしい立派な山なのに、日本300名山って・・・

爺ヶ岳の北峰に近づくと、最初は遠くに見えてた冷池山荘が少しずつ近くに見えるようになりました。
あと少しあと少し、ファイト~!!
ガスが無いと本当に素晴らしい景色が広がる爺ヶ岳の縦走路。
やっぱ尾根道は最高ですわ(^_^)

IMG_8088.jpg

そうそう、この爺ヶ岳から冷池山荘までの尾根道にはライチョウが多く見られるらしいです。
もちろん今回見る事はできませんでしたが、僕は北岳で既に見たんで(;^_^
一方、Kさんは未だライチョウを見た事が・・・
僕より北アルプスに通ってる回数が多いのにね~(笑)
この日も鳥を見つけてはカメラを向けて、「今のライチョウ??」って(爆)
結局この日もライチョウを見る事は出来ず終い。
いったいKさん、何時になったら見れるんでしょうかね~(^_^)


その代わり、こんな動物を見る事ができました!!


IMG_8085.jpg

APE!!

最初に見つけた時は正直驚いたけど、この猿達もライチョウ同様に人間慣れしてる模様。
近くを歩くも怖がる素振りは一切無し。
ちょうど昼飯時って事で、親子で美味しそうに木の実を食べてましたよ。
ごめんね、邪魔しちゃって(*^-^)

そんなこんなでライチョウ探しに夢中になり過ぎ、かなり時間ロスしちゃったものの、
鹿島槍ヶ岳への最短ルートとなる赤岩尾根コースとの分岐、冷乗越に到着。
ここまで来れば冷池山荘はもう目と鼻の先です。

IMG_8092.jpg

そしてついに、本日の目的地である冷池山荘に到着!!
登山口を出発してから歩く事7時間。

IMG_8097.jpg

いやぁ~本当に長い長い道のりでした。
コースタイムは標準って所ですかね。
爺ヶ岳でかなり時間をロスした割にはまずまずのタイム。
今までに経験した事がない距離を歩いて、体はズタボロかと思いきや以外にもまだまだ大丈夫な感じでした。
何故かって??
ストックのお陰ですよストックのね(^_^)
途中膝の痛みも出る事無く、辛い急登もなんなく登れたのは間違いなくコイツのお陰。
本当に良い仕事してくれましたww
ストックの話はまた後日として、山荘で受付を済ませてテント場へと急ぎます。
外は今にも雨が降そうな空模様。
天気予報が見事に当たってる感じです。
それなんで急いでテント場へ向かおうとするも、何とテント場までが遠いでは!!
僕達も行ってみてビックリしたけど、こんな登山道を5分以上歩く距離です。

IMG_8099.jpg

おまけにトイレも山荘って・・・
晴れてればロケーションは最高。整地もされてて素晴らしいテント場なんですがチト遠いのが残念。
夜中にトイレに行くのが本当に億劫でした(;^_^
それと最近、種池山荘のテント場でが出たらしく、食料等は外に出しっぱなしにしないでくれとの事。
その熊は既に捕獲されたらしいけど、小屋の方に話を聞かされた時は何だか少しだけ怖かったです。
だけどこのテントの少なさときたら最高(^▽^)/
この時はガスが広がり景色はダメでしたが、晴れれば目の前には立山連峰の山々が見えるとの事!!
これも明日に期待しますかねww

IMG_8102.jpg




設営後、再び山荘に戻ります。




目的地に着いてからの楽しみといえばコレです。




コレ♪♪

IMG_8103.jpg


お疲れ~!!


IMG_8104.jpg

普段はビールを飲まない僕も、この一杯目だけはグイグイ飲めます!!
普段飲むビールとは全く別物。辛い思いをして登って来た者だけが味わえる最高のビール♪♪
これも山ならではの楽しみですなぁww

あ~、もう最高(^_^)

ツマミを持参してここでしばらく楽しみます♪♪

IMG_8107.jpg






そしたら、まさかの豪雨・・・






しかも身動き取れない位降ってるでは・・・(泣)






って事で、山荘でしばらく飲むことにしたけど一向に雨が止む気配無し。






仕方ないので山荘の炊事場を借りようとしてたら、






何と雨が止みました\(^▽^)/





この隙に急いでテント場に戻ります。
すると今度は晴れ間が出て来たんです!!

IMG_8109.jpg


何だかよく解らない天気だけど、とりあえず雨は止んだんで、


宴会開始っす♪♪


この日のメニューは、

おでんに、

IMG_8110.jpg

チーズフォンデュに、

IMG_8113.jpg

さつま揚げ。
紅しょうが味がGOOD!!
はんぺんやらイカやら何やら、忘れたけど色々焼きましたわww

IMG_8121.jpg

網を上手く使った料理に僕はただ関心するばかり。
Kさんやりますなぁ(*^-^)

ロールキャベツはミートソースで煮込みました。

IMG_8125.jpg

どれも山の料理とは思えない位、本当に美味しかったなぁww
お酒は、ワイン、梅酒、ビール、酎ハイ。二人だと十分過ぎる位の量です。

んーーーーーーん、もう最高ですわ(^▽^)/

ちなみにこの料理の殆どはKさんが作ってくれた物。
この日の為に事前に色々と調べて、僕達でもできる料理をセレクトしてくれてたんですww
これぞ男のロマン!!
こんな事やってるから荷物が多くなる訳ですわ。
これを止めない限りバックパックは軽くなりませんね(笑)
だけど山で味わうこれらは本当に最高の一言。格別ですよ。
こんなん味わっちゃうと、止められませって(^_^)

Kさんありがと~!!

IMG_8112.jpg

酒もツマミもたっぷり♪♪
晩飯にカレーも用意してたけどお互い食べす終い。
お腹イッパイ、良い感じに酔っ払いました。
そうこうしてたら再び雨が・・・

IMG_8122.jpg

約2時間の宴会でしたがこれにて終了。
急いで片付けて、その後は寝袋に。
午後5時半には就寝でしたzzz

前日、殆ど寝ないで歩いた僕達。
疲れも溜まってた事もあって爆睡爆睡。
その後、雨がどうなったかは知る由もあらず。
深夜12時に目が覚めて外に顔を出すと、そこには満点の星空が見えました!!
これはこれはご来光が期待できそうですww
翌朝の山頂アタックに備えて再び寝袋へと戻ります。
目覚ましの時刻を午前3時にセットしてね(*^-^)

果たして翌朝、ご来光&絶景を見る事が出来たんでしょうか??

この続きはまた次回。
山頂アタック編で!!


ブログランキングに参加してます。
ポチッっと応援お願いしますね~!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村