FLSTS Owners Group

FLSTSを愛する人達により結成されたFOGのウェブサイト。ブログには管理人の日常を記録しています。

鹿島槍ヶ岳、制覇!! (二日目下山編)

午前3時起きで山頂アタック。
早起きした上に往復3時間以上既に歩いた体は既にお疲れモードですが、今日は下山の日(泣)
前日登って来た道のりを再び歩くと思うと・・・(--,)

IMG_8242.jpg

テント場からは昨日ガスで見えなかった立山連峰が、こんなにも綺麗に見えてました!!
こんなロケーションでキャンプが出来ると思うと、
もう一泊してノンビ~リ帰りたいと思うのが正直な所なんですがねぇ~(;^_^

鹿島槍ヶ岳レポの最終話、下山編です。



早朝3時に起きて既に3時間以上歩いた僕達はお腹ペコペコ。
行動食以外まともに食ってないんで当然なんですが(*^-^)
昨晩はKさんの酒に合うツマミでお腹がイッパイになり、
当初用意してた炭水化物メインの食材は依然余ったまま。
朝飯で食べるってのも一つの手なんだけど、朝は朝で他の物を用意してたんです。

それがコレ!!

IMG_8246.jpg

ホットサンド♪♪

山でバウルー使ってみたかったんだよなぁ~(^_^)

本当は食パンの中に挟む物もちゃんと持って来たかったんですが、
今回はランチパックで代用です。

IMG_8248.jpg

普通に食べても旨いんで当然なんですが、これを焼いて山で食べると美味しさ倍増でした(^_^)
食材が少なく済む上に、山でも手軽にホットサンドを楽しめるまさに魔法のようなパンww
これは今後の朝食の定番になりそうですなぁ。

ホットサンド以外にも昨晩の残りの生ハムにウィンナー食材テンコ盛りの朝食でした!!

IMG_8247.jpg

目の前には北アルプスの山々。
こんなん見ながら食べれるなんて最高最高♪♪

IMG_8244.jpg

ねぇ、帰りたくなくなるもの納得でしょ??(笑)
僕もKさんもマジでここから動きたくなかったですから・・・

太陽が出てる内に寝袋を乾かし、テントをたたんでパッキング。
前日よりも食材に水が減ってバックパック内のスペース的には余裕のはずなのに、
毎回パッキングに苦労してるのは何故に??
これが一番嫌(苦手)なんですよね~(;^_^
そして、たいして軽くなってないのがこれまた不思議。
毎回二日目も重たいバックパックを背負ってます(爆)

重い腰を上げて、いざ出発!!
よ~し、今日も頑張って歩くぞ~(^▽^)/

IMG_8250.jpg

素晴らしい景色にサヨナラを告げて、午前8時半に冷池山荘テント場を出発。

ここは本当に素晴らしいテント場でした!!
何と言っても天気が良い日のロケーションときたら最高です(^_^)
北アルプスに立山連峰が目の前に広がりますからねww
そして、ハイシーズンにも関わらずテント場がガラガラってのも嬉しい限りです。
ちなみにこの日は僕達を含めて8張りだけでした。
これでトイレが近かったら文句無しなんですが・・・(;^_^
小屋まで行かないとトイレが無いのはまだしも、小屋までがマジで遠いですから(笑)
疲れた体にはチト応えますよ!!

IMG_8251.jpg

また来年、必ず来るからね~(^▽^)/
そう別れを告げて僕達は歩き出しました。

小屋からは爺ヶ岳を越えるまではひたすら登り登りの連続。

IMG_8253.jpg

目指すは種池山荘!!
もちろん爺ヶ岳は前日に登ったんでパスします(笑)

IMG_8255.jpg

昨日見えなかった立山連峰を横に歩く尾根道は本当に気持ちが良いなぁ♪♪

IMG_8259.jpg

振り返れば鹿島槍ヶ岳に、ついさっきまで居た冷池山荘が見えます。
歩く度に少しずつ遠くなって行くのが妙に寂しかったです。

IMG_8258.jpg

行きに比べて明かにテンションが下がる二日目。
疲れもたまってるお陰で、自然と歩くペースが落ちます。
そんな時に役に立ってくれたのがストックww
今回の山行は正直コレ無しには成功できませんでした。
それ位これに頼ってましたよ!!
どれぐらい頼ってたかと言うと、手のひらにマメができる位(;^_^
これって使い方間違ってんのか??(笑)

IMG_8260.jpg

爺ヶ岳を越すと、今度は北アルプスが目の前に見えてきました。
少々ガスが掛かってたけど、これが見えるのと見えないのとではエライ違い!!
これを見て疲れが一気に吹っ飛びましたからね~(^_^)

IMG_8262.jpg

標準タイムで種池山荘まで2時間半。

IMG_8268.jpg

爺ヶ岳もパスしたことだし、1時間半位で行けるんじゃねぇ??って、



・・・



甘過ぎました。



こんな景色を見ながら歩いたお陰で、

IMG_8267.jpg

2時間切る所か2時間半掛かりましたわ(爆) 


って言うのは嘘!!


実際は早朝アタックの疲れで、思いの他ペースが上がらなかっただけ。


僕もKさんも完全にバテてましたから(*^-^)


お陰で休憩ばっかりしながらチンタラ歩かせてもらいましたよ。


景色を楽しみながらねぇ(笑)


そして、ようやく最初の休憩ポイント種池山荘に到着です。

IMG_8277.jpg

さすがに3時間近くも重たいバックパックを背負ってたんで体はズタボロ。
行き以上に道のりが長く感じて、マジで辛かったです(泣)
急いでベンチの端っこにザックを下ろします。
ハァ~(^_^)
肩から離れる瞬間が最高に気持ち良いんですよねww
次に背負うのが本当に嫌になるけど(笑)

ここでしばらく休憩です♪♪

生ビールを飲みたいKさん。
最後まで悩んで飲もうか悩んでましたね。

IMG_8273.jpg



だけど運転手の僕に気を使ってか、



結局2人ともコレに!!

IMG_8274.jpg

「お疲れ~!!」の写真を撮る前に、シュパーっと開けるKさん。
あたかもビールを飲んでるかの様に一気に飲み干してましたよ(笑)
それ位飲みたかったんでしょうね。
Kさん、次回は遠慮しなくていいですからね~(^_^)

だけど、山で飲むコーラは地上で飲むそれとは全く別物で本当に美味しかったです。
炭酸飲料がここまで旨いと感じるのも山ならではですなぁ。

kai_20120917211753.jpg

値段は地上の3倍以上!!ですが・・・
小屋の冷蔵庫に置かれてるのを見るとマジで飲みたくなりますって♪♪
極論、山では何を食べても飲んでも最高って事ですかね(^_^)


山荘で30分ほど休憩してから、再び重たいバックパックを背負います。
ここからは柏原新道で約2時間下りるのみ。
ゴールはもうすぐそこ。
最後の力を振り絞ってガスの掛かる登山道を歩き出します。

IMG_8278.jpg

座っての休憩はもちろん無し!!
初日のレポにも書いた通り、道が狭くゆっくり休める所がないんで(汗)
お陰で一気に下界へと下りて来る事ができました。
扇沢のバスターミナルが徐々に近づいてきます。
ゴールはもうすぐそこです。

IMG_8280.jpg

途中、木々の間から大町市街が見えました。
早朝の雲海からして、てっきり下界は雨かと思ってたら何と晴れてるでは!!

IMG_8282.jpg

今回も天気予報は見事にハズレ!!
予報では雨でしたからね~(^_^)
これも日頃の行いでしょうかww
一度もカッパを着ないままここまで来れたのが奇跡です(*^-^)




そして、種池山荘を出発してから歩く事約2時間。

ゴールの扇沢に無事生還!!

IMG_8283.jpg

一泊二日で約24km。
初日7時間、二日目8時間の歩行はもちろん過去最多。
もうしばらく歩きたくないって位歩いて来ましたよ(^_^)
そう思える位、本当に本当に長い道のりでした。
だけど当初の目的であった、絶景を仲間と共有するって願いも叶い、

常念岳のリベンジ達成\(^▽^)/

最初は正直歩けると思ってなかったけど、
奇跡的に天気にも恵まれ何とか山頂も制覇!!
本当に最高の山行になりましたよww
だけど、ある意味僕達の一泊での歩行時間の限界も見えた今回の山行、
色んな意味で勉強になりました。
今後はこれ以上の時間歩くなら、荷を軽くしないとダメって事ですか(^_^)
本当に贅沢な悩みですなぁ。Kさんどうします??(笑)

先回行った北岳も本当に良かったけど、
やはり仲間と一緒に行く山は、ソロとは違った楽しさが詰ってました。
絶景を共感できるのもそれだけど、
何と言っても晩飯のお酒(男のロマン)が最高に楽しいですから(^▽^)
無駄にバックパックが重たくなり、バテバテになるかもしれないけど、
今のこのスタイルは当分止められそうにないなぁ~(笑)
どうせやるならストイックなキャンプよりも豪華な方が良いですし!!
って事で、今後も1泊の山なら頑張って無駄に重たい物持って行きますかね(*^-^)

次は来月下旬、再びテント担いで行って来ます。
目標は白馬三山制覇!!
今シーズン行けても残り2回のテント泊。
次回も楽しませてもらいますかね(^▽^)/


これにて鹿島槍ヶ岳レポ終了です。
毎回の事ながら長~くなってしまったけど、最後までお付き合い頂いてありがとうございました。
ではまた来月。
それまでFLSTS(ヘリテイジ・スプリンガー)記事書いていきますので(^_^)


最後にポチッっと応援お願いしま~す!!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村