FLSTS Owners Group

FLSTSを愛する人達により結成されたFOGのウェブサイト。ブログには管理人の日常を記録しています。

FLSTS コレクションパーツ その11

posted by Izu on   6 comments   0 trackback

昨年、ちょうど我家にサンタクロースがやって来た翌日に、
今度は僕宛てにアメリからプレゼントが届きました(^_^)



愛馬FLSTS(ヘリテイジスプリンガー)に装着するNOSパーツ。
これまた日本ではまず手に入らない激レア物です!!
販売されてた日付も98年6月1日。愛馬の年式とも見事にマッチング。
正直、装着するのがもったいない位のパーツだけど、これも愛馬をカッコ良くする為!!
正月休みを使って早速装着してみましたww
今回僕に届いたプレゼントの中身とは・・・



ヤッコ凧!!(笑)

IMG_9063.jpg

LEATHER WINDSHIELD BRA FLSTS MODELS
(P/N57813-98)


通称、ブラと言われるウィンドシールドに取り付ける装飾品です。
もちろんFLSTS専用の純正オプションパーツ。
ただ日本ではあまり好まれなかったのか、装着されてる車両が殆どありません。
実物を見たくても生では見れない、レア度&マニアック度がハンパないパーツなんです。

今でもツーリングモデルのフェアリング&サドルバッグの蓋に付けるブラは存在するけど、
ウィンドシールドに取り付けるブラなんてのはこれ以外存在しないのでは??
少なからず僕は見た事がありません!!

IMG_9067.jpg

レザーはもちろんRED TRIM。
97年式(白×赤)と98年式(黒×赤)専用カラーの物です。

ちなみにこのシールドブラ、他にも3種類違うカラーの物が存在します。
98年式に採用された黒×青カラー用にBLUE TRIM。
相方ゴリさんが乗ってるカラーであり、もちろんゴリさんも専用カラーのブラを持ってます!!
98年式の95周年アニバーサリー用にBURGANDY TRIM。
99年式以降のカラー(どの年式にも)にマッチするBLACK TRIM。
いずれも全て絶版パーツ。
今ではアメリカのFLSTSマニアの方しか持っていない貴重なパーツですぞ(^_^)

そんな激レアパーツを今回ようやく手に入れる事ができました!!
って、実は今回が2回目(笑)
10月にも同じ物を手に入れたんですが、アメリカで色々とトラブルが続いて・・・
結局手元に届く事なく終了(泣)→落札金はちゃんと返ってきました。
そんな事があっただけに、今回手に入れた感動はハンパないってわけです(^_^)
待ちに待った待望のパーツ。
夜な夜なガレージにこもって取り付けました!!

今回も作業は簡単です。
がっ、シールドとブラケットを分解するのに一苦労。
強力な両面テープのお陰で思いの他時間が掛かってしまいました(;^_^

これが装着前のシールド。

IMG_9074.jpg

付属の説明書を見ながら分解します。

IMG_9065.jpg

強力な両面テープはドライヤーで暖めながらゆっくり外していきます。
無理に外そうとするとブラケットを曲げるので要注意。

IMG_9075.jpg

バラバラになったパーツ。
どれも普段外す物じゃないので結構汚れてました。
すかさずここで綺麗に磨きますww

IMG_9077.jpg

組み付けは、シールドとブラケットの間にブラを挟むだけ。
ボルトが短いのでナットを締め込むのにチト苦労したけど、こんな感じで完成しました!!

IMG_9078.jpg

ではでは、装着前後で比較します。

こっちが装着前。

IMG_9069.jpg

ブラ装着後。

IMG_9080.jpg

好き嫌いがはっきり別れるかと思うけどどうすか?!
僕は最高にカッコ良いと思いますが!!
ブラから出てる、この何とも言えないノスタルジックなオーラがたまりませんなぁww
シールドも引き締まって見えてGOOD!!

内側から見るとこんな感じ。

IMG_9081.jpg

FLSTS LEATHER WINDSHIELD BAG
(P/N52679-97)


これも激レア絶版、コレクションパーツです。
相性も抜群っすね!!
さすがは純正品ですなぁww

前側から全体。

IMG_9079.jpg

いやぁ~、見た目もさらに古臭くなって、
より40年代のハーレーの雰囲気に近づきました(^▽^)/
ボディー色の黒赤とそれに付属するパーツも全てがRED TRIMの物なんで、
統一感があって本当に美しいです。
頑張って手に入れただけの価値ありましたww
シールドブラ最高!!

これでシールドのカスタムは完成(終了)です。
今回はカスタムしたって言える程、殆ど手を掛けずに終わったけど、
これだけ簡単な作業でも、ここまで見た目が大きく変わるってのは本当に凄いです。
それだけこのブラには存在感があるって事だと僕は思います。
今回は本当に良いパーツをゲットできましたww

次回は・・・って、しばらくカスタムはお休み。
ネタ切れです(笑)
だけど今現在、ある激レアパーツをアメリカで物色してる最中。
それが見つかり無事にゲットできたら近々紹介しますね。
欲しいパーツが次から次に・・・
あ~、完全に病気だ!!(爆)

6 Comments

ゴリ says...""
どーも~

愛馬を舐めるような写真の撮り方とよし、完全に変態街道まっしぐらやね~

春にブラを装着した二台を並べてニヤニヤトークできるのが、楽しみ~!
昔は、シールドなんぞ!オヤジが付けるもん!って思ってたけど、お互いオヤジになり良さが解る年になったね~
しかし、シールドバッグが誇らしげなのが憎い(笑)
おれも、頑張ってGETしよ~。
2013.01.16 10:53 | URL | #- [edit]
コブ says..."はじめまして"
いずみ 様
はじめまして。いつも拝見させて頂いております、コブと申します。
自分はFLSTCに乗っています。
FLSTS最高にかっこいいです☆古臭くというかハーレーをかっこよく乗るというスタイルにとても共感しております。ガレージ付きも羨ましいです。
私自身、昨年6月にハーレーを買いましたので、まだまだ無知ではありますが、これからも拝見させて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。
2013.01.16 11:11 | URL | #8EN3Bc0Q [edit]
いずみ says...">ごりさん"
こんばんは。

2回目にしてようやくゲット!!(笑)
これで春にはブラ付き2台並べられますね~(^_^)

僕も基本シールドを装着するのが好きでない為、
ショベル、ローキン時代から装着は冬だけって決めてました。
ゴリさんが言う通り、「オヤジが付けるもん!!」って僕も思ってたんです。
がっ、最近はシールドありきの渋さがよく解るようになってきまして、
夏のシーズン中でも付けていいかと思ってますww
それだけ僕も歳取ってきた証拠ですかね(笑)
せっかくデチャッタブルも付いてる事だし、今年は気分に応じて付けたり外したり、
色んなスタイルを楽しみましょうね!!

ゴリさん、次はシールドポーチですよ~(^▽^)/
早くゲットして下さいね!!
春先のミートで変態トークできるの楽しみにしてますww
2013.01.16 21:10 | URL | #- [edit]
いずみ says...">コブさん"
こんばんは。初めまして(^_^)

訪問&コメントありがとうございますww

コブさんはFLSTCに乗られてるんですね。
FLSTCもFLSTS同様、歴代のハーレーを現代風に蘇らせたバイク。
年式的には49年以降のハイドラ辺りですかね。
僕も好きですFLSTC!!カッコ良いですよね。
ショベルからローキンに乗り換える際、FLSTCと最後まで悩んだ位ですから。
結果、ラバーマウントのドコドコ感にやられてツアラーのローキンにしたけど、
今でもFLSTCは一度は所有して乗ってみたいと思ってます。
って、基本僕のFLSTSと同じなんですがね~(笑)

パーツが豊富なんでカスタムしまくって、ゴリゴリの旧車に仕上げてみたいですww
実際に旧車を維持して乗って行くのは金銭的にもメカ知識的にも厳しいけど、
旧車の雰囲気だけは楽しみながら乗りたいですよねww
その点、ソフテイルシリーズを選んで正解です!!
な~んて、偉そうな事言ってるけど、
僕もソフテイルシリーズに乗り出してから1年の超初心者。
何も解ってないペーペーなんです(笑)
只今、愛馬について猛勉強中!!

こんなブログですが、またコメント頂けたら嬉しいです(^_^)
つまらない記事が多いですが、コブさんこちらこそ宜しくお願いします。
2013.01.16 21:36 | URL | #- [edit]
vさん says..."あぁーーー!!"
何か、競馬でこういう馬、良く見る・・・爆!!

って事は、競走馬になったって事?? ん?? 笑!!
2013.01.17 23:00 | URL | #- [edit]
いずみ says...">vさん"
v兄、こんばんは。

確かにそうですね(^_^)
僕も正面から見ながら、何かに似てるなぁって・・・
それが何だかピンとこなかったけど、まさに競走馬ですわ(笑)
これで見た目相当早いならまだしも、とても競走馬とは言えない位遅いのがね(;^_^
えっ?!見た目からして遅いでしょ!!って(爆)
2013.01.18 19:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://flsts.jp/tb.php/203-df495b7a