FLSTS Owners Group

FLSTSを愛する人達により結成されたFOGのウェブサイト。ブログには管理人の日常を記録しています。

ビーチバー♪♪

天気、イマイチっすね(;^_^
果たして31日のオフ会は開催できるやら・・・
明日、天気が良い方向に変わるのを願って寝ます(*^-^)

その前に先日愛馬をちょこっとカスタムしたのでww
タイトルの通り、ハンドルをビーチバーに変えました(^▽^)/



本当はサンダンス ノスタルジアバーを付けたかったけど予算オーバー。
夏ボでお高いバックパックを買ってしまった為、痛手になっております・・・(笑)
って事で、サンダンスは冬ボに後回し。
しばらくはこのハンドルで楽しもうと思いますww



まずはストックのハンドルから外します。
ライザーを緩めてハンドルを外して交換するだけ。
慣れないとグリップを外すのにチト苦労するけど、
ワイヤー類にブレーキはそのまま付けるだけなので1時間もあれば交換できますねww
簡単ですよ。

IMG_0945.jpg

ハンドル交換ついでに見るポイントはここです。
雨の日走行が多い方は要注意っすよ!!

IMG_0947.jpg

ライザーに溜まった水はなかなか下に抜けないので、
ライザー&ライザーボルトが錆びでエライ事になってます!!
普段は分解する部分じゃないので、こういった機会にメンテナンスをするのが大事です。
錆びを取り除き錆び止めをたっぷりくれて未然に予防してあげましょう。
ちなみにライザー左側にはアースのスプリングが入ってるので無くさないように!!
正直無くても大丈夫だけど一応落雷に備えてね(笑)
一度も分解した事がない方は一度見てあげて下さい。
ライザーが腐るとクランプ締め付け時にトルクが掛からなくなり、
ハンドルふら付きの原因になります。
こう言った危険な症状も出始めるので定期的にメンテナンスしてあげましょう。
過剰トルクもライザーを破壊させる要因なのでトルク管理も注意が必要です。
ハンドル押したらニュル・・・
こうならないようにライザーにハンドルを固定する際はオーバートルクに注意して下さいね。


でっ、今回装着したハンドルはこれ。
FLSTSC(スプリンガークラシック)純正のビーチバーです。

IMG_0946.jpg
HNDLEBAR,FLSTS
(P/N 55943-05)


FLSTSCはFLSTS以上に40年代を意識している車両。
純正ハンドルも高さを押さえた幅広のビーチバーが採用されています。
ヘッドライトよりもハンドルが低い、
ど~でも良い事だけど、より40年代の車両を意識するとなると重要な部分なんですよね。
うんうん、このハンドルを採用した意図が解りますなぁ(*^-^)
そいつをもろ流用してやります。
得意の純正パーツカスタムっすww

ハンドルを比べるとこんな感じ。
上がFLSTS純正、下がFLSTSC純正。

IMG_0950.jpg

かなり違いますね。
高さが抑えられ、その分グリップ位置が5cm程手前にきてます。
クロスボーンズのビーチバー(オプション)にかなり似てる印象かな。
違いはメッキか黒って色だけではないかと。
FLSTSの場合フォークがメッキなのでバランスを考えると黒よりもこっちのが良いですね。


途中過程はパスして一気に完成になります(笑)
グリスやらボンドやらで手が使えなかったので取り付け途中の写真がありませんでした(;^_^
装着するとこんな感じ♪♪

IMG_0961.jpg

予定通りハンドル高さがヘッドライトよりも低くなりました。
これが40年代雰囲気を出す上で重要な部分なんです。
ハンドルの高さが低くなったお陰でフロント車高ダウンが更に際立ちます。
フロント周りがかなりコンパクトになりますね。
でもタイヤはふっくら・・・
この雰囲気がたまらんですww

FLSTSC純正ハンドルの流用なのでワイヤー類の交換も一切無し。
簡単にポン付けできる辺りもポイント高しですなぁ。

IMG_0962.jpg

幅こそ交換前とほぼ同等だけど、
グリップがかなり手前になり、以前にも増してハンドルが握りやすくなりました。
シートに座って手を差し出すと自然に手がグリップに着座する感じ。
これって僕がFLHR(ロードキング)時代に付けてた
FLHRS(ロードキングカスタムハンドル)と同じ感覚です。

IMG_0963.jpg

プルバックはFLHRSほど無いけどこれで十分です。
これなら長距離乗っても疲れません。
ん~、実に良い感じだ!!
もっと早くに付けておけば良かったと今頃になって後悔。

心配だったウィンカー。
FLSTSの場合グリップ下に付いているウィンカーが
ハンドル交換の際にネックになるんですよね。
でも僕はこの位置とこの無駄に大きいウィンカーが好きなんで変えたくないのが本音。
でもFLSTSにFLSTSCのハンドルを付けるとウィンカーが干渉するのは確か・・・
現にFLSTSCはFLSTSのウィンカーより小型な物になり、
取り付け位置も同じスイッチ下だけど位置が微妙に変わってます。
正直付けるまでは大丈夫って保障は無く、
ダメならストックに戻そうとその程度の考えでやってましたが、
仮組の段階でちょいと調整すれば装着できる事が判明!!
普通に付けると干渉するけど、
ハンドル角度とスイッチ角度、ウィンカーの微調整で見事に解決できました。

IMG_0965.jpg

僕の場合ハンドルをかなり手前に倒しているからギリギリだけど、
それでも干渉は大丈夫です(^_^)
ウィンカーを移設しないと装着不可の説を覆しました。
※注意※
普通に装着するとウィンカーとタンクが接触するので取り付けの際は注意して下さい。



どうですこの感じ?!
ハンドル高さが下がった事でシルエットがさらに低く見えるでしょ。
雰囲気も40年代プンプンに(^_^)
車高を前後さげているから車体がかなりコンパクトです。
これまた理想の形に一歩近づいた感じ。
サンダンスハンドルじゃなくてもこれで十分かも(笑)

IMG_0966.jpg

ケーブル類にハーネスを変えないでこれだけ違った雰囲気を味わえるハンドル。
大きくスタイルを崩さないカスタムな上に、
ハンドル代金の13800円でこれだけ激変するのは凄いです。
マニアからすると純正ハーネスはカットしたくないですよね。
このハンドルなら無加工なので戻したい時は純正ハンドルに簡単に戻せるも嬉しい限りです。
純正ハンドルにチト飽きてきた方、もっと手前にグリップを握りたい方、
40年代の雰囲気に近づけたい方、手軽にビーチバーを楽しんでみたい方などなど、
お金を掛けずに雰囲気を変えるには十分過ぎるハンドルです。
個人的にかなりお勧めのハンドルなんで気になる方は一度試してみて下さいww
見た目、乗り味が激変しますよ!!
跨りたい方はオフ会の時に是非。

開催できたからだけど(笑)
ではでは、明日のオフ会で皆さんに披露できるのを楽しみにしてます!!
お願いだから雨だけは・・・
いまはこれを願うばかりですね。
明日の夕方の天気予報で開催の可否を発表します。
それまでしばしお待ち下さい。